1年の中で最強な日と言われる”天赦日”とは?今年の天赦日もご紹介!

皆さんは”天赦日”をご存知ですか?

何気なく過ごしている毎日ですが、もしかしたら一年の中で希少な”天赦日”、つまりラッキーデーかもしれません。

今回は、天赦日とは何か、また2021年の天赦日や天赦日に行うべきことなどもご紹介します!

天赦日って?

記念日でも休日でもないので、”天赦日”を知らないという方も多いのではないかと思います。

天赦日とはどのような概念なのかご紹介したいと思います。

天赦日とは?

天赦日(てんしゃにち)とは、選日(暦注の中でも、五節句・雑説・年中行事などに含まれないものの総称)の一つです。

天の神が万物の罪を赦す日、いわゆる「何事も赦される日」とされており、日本の暦では最高の吉日とされています。

過去への罪悪感や後ろめたさを引きずるばかりではなく、未来に向けて新しいことを始めることが赦される日、となりますので、現在では”新しいことをはじめるにあたって最適な日”と捉えられることが多いです。

年に5~6日ほどあり、日付で定められているわけではありませんので、毎年日にちは変わります。

六耀や他の吉日との兼ね合いもあるので、天赦日でも吉日の度合いは違うため、天赦日だからと行動に移さない方が良い場合もあります。

不成就日と重なった場合はどうなる?

天赦日の対義語とも捉えられる、”不成就日”というものがあります。

不成就日というのは、何においても悪い結果を招く日とされており、新しいことを始めても幸先の悪いスタートになってしまうとされている日です。

両極端な意味を持ちますが、重ならないように調製して日にちを選んでいるわけではありませんので、重なることもあります。

不成就日、または六耀の仏滅や赤口などの縁起がよくない日と重なると、天赦日の恩恵を最大限受け取れ切れなかったり、天赦日なのにあまり良くない結果になることもあります。

ただし、天赦日と不成就日が重なってもその日すべてが良くないというより、吉の時間帯と凶の時間帯が混在しているパターンも多く、天赦日と不成就日が被っているからその日中気をつけるべき!というわけでもありません。

「天赦日と不成就日が重なっていたら、不成就日のほうを優先するべき!」という声もあれば、「天赦日の効力の方が強い!」という意見もありますので、一概にどうなるとは言い難いのですが、大事な行事の際は、なるべく重なっていない日の方が良いでしょう。

今年の天赦日はいつ?割り出し方は?

毎年5-6日と言われる天赦日ですが、日付は年によって違います。

今年の天赦日と、天赦日はどのように決められているのかご紹介します。

2021年の天赦日は?

2021年の天赦日は、全部で6日あります。

その中でも既に3日は過ぎてしまっているため、残りはあと3日となります。

  1. 1月16日土曜日(先負・天赦日・一粒万倍日・天恩日)
  2. 3月31日水曜日(友引・天赦日・一粒万倍日・寅の日)
  3. 6月15日火曜日(仏滅・天赦日・一粒万倍日・神吉日)
  4. 8月28日土曜日(先負・天赦日・神吉日・一粒万倍日)
  5. 10月27日水曜日(赤口・天赦日・神吉日)
  6. 11月12日金曜日(大安・天赦日・天恩日・鬼宿日)
4~6番の3つが、2021年の残りの天赦日になりますので、この3日間について少し掘り下げていきます。

4番目の8月28日は、神社への参拝やお墓参りなど、祭事が吉とされる”神吉日”と、物事のスタートに縁起が良いとされる”一粒万倍日”と呼ばれる運気のいい日と天赦日が重なっています。

しかし、六耀が先負となっていますので、物事をはじめたり行動に移すときは午後から動けば天赦日の恩恵を受けることができそうです。

5番目の10月27日は、8月同様神吉日と天赦日が重なっていて縁起が良いようにも思えます。

しかし、六耀が赤口になりますので、火や刃物を連想されやすい結婚式や飲食店の開業などは、赤口が気になる方は慎んだ方が良さそうです。

六耀の中でも、仏滅の次に良くないといわれる赤口ですが、考え方によっては仏滅よりも赤口の方が縁起が悪いとされていることもあるため、お祝いごとなどはより最新の注意を払わなければいけません。

6番目の11月12日ですが、神の恩恵を受けることができるという”天恩日”と、婚礼以外は大吉とされる”鬼宿日”が重なっており、なおかつ六耀も大安なんです。

2021年の天赦日の中で最も良い日と捉えている人も多いため、何か大事な行事がある日はこの日に行うと良いでしょう。

天赦日を割り出す法則

天赦日は毎年変わりますが、不規則に変化しているわけではなく、天赦日を決めるある法則があります。

天赦日は、以下の通りに決められます。

  1. 立春から立夏の前日  戊寅の日
  2. 立夏から立秋の前日  甲午の日
  3. 立秋から立冬の前日  戊申の日
  4. 立冬から立春の前日  甲子の日
と、このように定められているのですが、わかりにくいと思いますのでもう少し詳しくご説明します。

立春は2月4日頃、立夏は5月5日頃、立秋は8月7日頃、立冬は11月7日頃が大体の目安です。

そして、”戊寅”や”甲午”などは、十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と、十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の組み合わせ(合計60種)である十干十二支(じっかんじゅうにし)を日ごとに割り当てたときに対応する日にちになります。

2021年で言うならば、1月1日は”己酉”、1月2日は”庚戌”など、日ごとに割り当てられているのです。

試しに、①立春から立夏の前日 戊寅(つちのえとら)の日で確認してみましょう。

立春から立夏の前日、つまり2月4日頃から5月4日頃の間にある戊寅の日を探してみると、今年(2021年)は、3月31日がぴったり戊寅になります!

立春などは、年によって大きく変動することはありませんが、干支の方は、毎年同じ時期に同じ干支がくるわけではありませんので、天赦日が変動するのです。

自分で考えて天赦日を割り出すことも楽しいかもしれませんが、検索すればすぐに出てきますし、他の吉日、あるいは不成就日、凶日などをまとめて考えることができるため、特にこだわりがない方は検索した方が早いでしょう。

天赦日にやらない方がいいこと

レディスピ ウラスピ 電話占い 占い神の赦しが得られる日ではありますが、なんでもかんでも上手くいくというわけではありません。

最上の吉日である天赦日ですが、やらない方が良いこともありますので、ご紹介します。

ギャンブル・賭け事

天赦日は最上の吉日と言われていますが、ギャンブルなどの賭け事に適した日ではありません。

そもそも天赦日とは、「物事をはじめる時の障害がない日」であり、「必ず運気が上がる日」ではないのです。

一か八か儲けの賭けにでることは、自分で何かを始めるのではなく運に任せることになりますので、新しいことをはじめることに適した天赦日とは目的がずれてしまうのです。

”吉日だからギャンブルが必ず成功する”という保証は一切ありませんし、運気が上がるわけでもないので、1年に数回しかない吉日をギャンブルに注ぐのではなく、この先自分のためになることに費やした方が建設的でしょう。

浮気・不倫(犯罪行為)

「何事も赦される日」だからといって、自我の欲望のために誰かを傷つけたり、法に触れることは赦されません。

犯罪行為は”やらない方がいいこと”ではなく”やってはいけないこと”になりますので、天赦日でもやってはいけないことは前提です。

浮気に関しては法的に触れるか触れないかのギリギリのラインにあり、一概に犯罪だと言い切れないことも確かですが、当事者たちの欲望と引き替えに第三者が迷惑を被ったり傷ついたりすることは赦されることではありません。

天赦日は「何でも赦される日」とされていますが、あくまでも”自分の罪を受け入れ反省している者が”という前提があってこその話だと肝に銘じておきましょう。

お金を貸し借りする

金融機関からお金を借りるのではなく、友人間で金銭を取引するのは控えましょう。

天赦日は、金銭がマイナスの方向に傾く出来事に対して予想以上の被害を出す可能性があります

少額なら大丈夫…と思っていても、天赦日に行ったことで後々大きなトラブルになるということも考えられるのです。

お金の貸し借りは、どんなに仲の良い友人だとしても控えましょう。

天赦日にすると良いこと

グット 解消 OK 正解天赦日は基本的に(罪を反省した人が)新しい物事を始めるときに適した日、とされています。

天赦日に行うと良いことはたくさんありますが、いくつか代表的な例をご紹介します。

入籍・結婚式

結婚式の日取りや入籍などを考えるときに天赦日のことを知ったという方もたくさんいらっしゃいます。

入籍や結婚式など、”新しい関係性のスタート”となる日を天赦日とすると、その後の生活も実り豊かになるとされています。

最上の吉日であり新しいスタートの日でもあるので、入籍や結婚式の日程を天赦日にあわせるという人も多くいらっしゃいます。

プロポーズや告白など、恋愛関係での進展を狙っている人は、天赦日に合わせるとよい効果が得られるかもしれません。

入籍日 占い いい日 結婚したい人必見!入籍日はいつが良い?占いで2021年最強に良い日を紹介!

ものを新調する

お財布、靴、ペンケースなど、天赦日にものを下ろすことで、ものの運気がアップし、長持ちするなどのご利益を受ける事ができます。

天赦日は、ものを購入したり使い始める日として最適な日とされています。

お財布なんかは、買ったはいいけどいつ下ろそう…と悩みどころですが、特にこだわりがない方は天赦日に下ろしても良いですね。

また、車や家などの大きな買い物も天赦日に行うと開運すると言われています。

習い事・ビジネスを始める

今までなんとなく興味があった習い事や、思い描いているビジネスがあるなら、天赦日を目途に動き出してみるのも良いでしょう。

なんとなくやってみたいことはあったけど、踏ん切りがつかなくて迷っていたという方は、天赦日こそ習い事を始める絶好のタイミングです。

天赦日からはじめた事は、長く続けることができるとされているため、それこそ習い事や趣味を始めるにはぴったりなのです。

また、新しいビジネスを始動する日としても良い日とされています。開業届を天赦日に出すなど、天赦日にあわせた開業を行うと効果があるとされています。

”挑戦したかったけどなかなか踏み切れなかったこと”を天赦日に行うことで、思いがけぬ良い方向に進むということも考えられますよ。

厄払い・お墓参り

神社への参拝や厄払い、そしてお墓参りといった祭事を行う日としても適しています。

天赦日は「何事にも障害が訪れない日」になりますので、普段馴染みがないというお墓参りや厄払いでも、難なく終えることができると言われています。

お墓参りや厄払いは、頻繁に行くことはあまりないかもしれませんので、天赦日と決めて行くのも良いでしょう。

厄年じゃなくても”厄落とし”はするべき!自宅でも簡単にできる「厄落とし」の方法! 巫女 厄年 厄払い 前厄 後厄 「厄払い」服装や金額は?いつまでにすればいいの?疑問を一気に解消!

まとめ

今回は、天赦日についてご紹介いたしました。

天赦日は何かを始めるのにはもってこいの日になりますので、興味のある物事をはじめるきっかけの日として目星をつけておきましょう。

以上、「物事のスタートに最適な”天赦日”とは?今年の天赦日もご紹介!」でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です