夢占いは当たる?信じるべき?夢占いについて徹底解説!

悪夢を見た時や不吉な夢を見てしまったとき、「何か悪いことが起こるのではないか?」っと思いながら目覚めたことはありませんか?

また、妙に現実味を帯びている夢だったり、やけに夢の内容が気になって仕方がないということもあるのではないでしょうか?

そんな時、自分が見た夢の内容を調べたり、夢占いをみた経験があるという方も多いはず。

今回は、そんな夢占いについて詳しく迫りたいと思います。

夢占いって何?

見た夢が衝撃的な内容だと、ついつい気になって検索してしまった経験、ありませんか?

そんな時によく見かける夢占い。まずは夢占いとは何かについてご紹介したいと思います。

夢占いとは

夢占いとはその名の通り、見た夢の内容からあなたの現状や心理、未来を占う占いのことです。

夢はあなたの記憶が断片的に交じり合っているものともされているため、夢をよく観察することで、自分自身でも気づいていない感情やSOSに気がつくことができます。

その、”夢をよく観察するためのツール”が夢占いです。

あなたが見た夢のキーワードや断片的な状況から、あなたの今の気持ちやこの先起こる未来を占うのです。

夢は古くから吉凶の予兆とされていましたし、現在でも科学的に解明されてはいないものの、迷信として様々な見解が存在しています。

スピリチュアル的な要素を持ち合わせていますし、占いに関心が少なくとも、一度は夢に関して検索したり夢占いをしたことがあるという人は多いようです。

まだまだ不思議なことだらけの夢ですが、見た夢に意味をもたらしてくれるのが夢占いになります。

夢占いは信じるべき?当たる?

夢占いは当たる?当たらない?信じるべき?と、サイト同士でも意見が対立しています。

これに関しては、普通の占いと同じ程度で認識すると良いと思います。

夢占いだから信憑性が増すということもありませんし、占いコンテンツの一部であることには変わりはありません。

とはいえ、夢はあなたの記憶から作り出されているため、自分の心理状態を知ったり気にかけるきっかけにもなります。

過信しすぎことは良くないかもしれませんが、自分を気にかけるきっかけにもなりますし、一つのコンテンツとして参考にしてみると良いでしょう。

夢占いにも”対象外”がある?

夢占いをする際、夢占いの対象外とされる夢があります。それは、ストーリー性のある夢です。

夢というものは、夢にでてきた”もの”や生物、情景が記憶に残るのは断片的なものだとされています。

そのため、夢から覚めたときにものや人しか覚えていなかったり、「なんかわからないけどこれだけ覚えている」という現象が起こるのです。

よく夢で起きた出来事を友人などに話す人がいらっしゃいますが、その話が面白おかしく、しっかり起承転結のある夢だったとしたら、作り話or無意識に夢から派生した話を作り上げていることになります。

夢占いでは、その断片的な記憶にある”もの”や人などのキーワードから占いますので、ストーリー仕立ての夢は、夢占いの対象外となることがあります。

夢占いについてもっと知りたい!

夢占いを実際にやってみると、ところどころわからない用語がでてくるはず。

ここからは、もう少し夢占いについて掘り下げます!

夢にも種類がある!

夢にも種類があるのです。

夢占いをしていると、「この動物がでてくるというとは、〇夢です」のように、夢の種類をあらわす説明があります。

代表的なものをご紹介します。

夢の種類
  • 正夢  →  夢が現実になること
  • 逆夢  →  夢と正反対のことが現実になること
  • 吉夢  →  縁起が良く、良いことが起こる前兆を示す
  • 凶夢  →  悪いことを示す。一般的には悪夢とも呼ばれる。
  • 願望夢 →  強い願望が眠っていることを示す
  • 予知夢 →  これから発生することを表す
  • 警告夢 →  危険を知らせる
このように、夢といっても様々な種類があるのです。

正夢(まさゆめ)などは、皆さんも聞いた事あるのではないでしょうか?

さまざまな種類があり、それぞれの夢に意味をもたらしていくのです。

あなたが最近みた夢が何に当てはまるのか、是非調べてみてくださいね。

夢占いからどんなことが分かる?

見た夢の内容によって夢占いの結果は変わってきますが、全体的に色々な方面にアプローチした占いができるのです。

例えば、あなたの体の健康状態。夢は体の状態からも影響するとも言われているため、夢占いでもあなたの心身の不調が見えてくるようです。

また、心理状態も知ることができます。夢は記憶を整理するものだとされているため、自分では気がついていない(気がつきたくない)ような心理状態が、夢に反映されることがあります。

自分の心情が反映された夢を占うため、心理状態を占うことができるのです。

他にも、人間関係の中で他人に対して抱いている感情だったり、これからの事の成り行きなども占うことができます。

夢占いは様々な可能性を秘めているのですね。

悪い夢は良いことの予兆!?どんな意味がある?

悪夢やハラハラドキドキした夢を見た時、夢占いをしてみたら案外悪くなさそう!ということはありませんでしたか?

悪い夢を見た時は冷や汗をかきますが、必ずしも悪いことを示唆しているわけではありません。

凶夢がでてくる意味

凶夢の方が、良い夢よりも記憶に残りやすいですし、なにか不吉なことが起こるのではないかと困惑してしまうこともあるかと思います。

凶夢といった悪夢が意味することは、あなたの中に相当ストレスが溜まっている・現状の生活に対して不満を抱えていることを意味しています。

ただのストレスや不満というよりも、普段にはないくらい強いストレスを感じる出来事があった後に悪夢を見る人が多いと言われています。

凶夢などのあまり良くない夢をみたら、自分の現状を見直したり、自分のストレスを感じ取り緩和するように働きかけましょう。

とはいえ、悪夢を見ること自体は悪いことではなく、むしろ夢の中で悪夢を見ることによって、脳が睡眠の中で処理しきれない情報が処理されることに繋がることもあるようです。

悪夢が示す”前兆”とは?

できることならなるべくみたくない悪夢ですが、実は、怖い夢の中には幸運の兆しと言われる夢もあるのです。

夢占いでの悪夢はこれからの発展を促したり、現在の悪事が終焉し、新しく物事が動き出すという意味合いをもつ悪夢もあります。

そのため、今うまくいっていないことがあっても、この先良い方向に進む可能性があるという前兆を指し示しているのです。

とはいえ、夢の内容によっては、良くない未来への警告であることもあります。

悪夢を見た時の夢占いは?

悪夢の夢占いでよくある結果を簡単にまとめました。

もし最近悪夢を見たという人は、夢占いをしてみてもいいかもしれません。

  • 自分が死ぬ夢    → 運気アップ
  • 追いかけられる夢  → これから問題が起こる、恐怖を感じている
  • 試験に落ちる夢   → 現実で合格する可能性が高い
  • 大量の虫がでてくる → 対人関係が回復する
  • お化けがでてくる  → コンプレックスを強く感じる
よくあるものでもこのような違いがありますが、悪夢といえどその内容次第で、結果に大きな違いがあります。

また、夢にでてくる登場人物やもの、シチュエーションなどをより詳しくみると、同じような夢でも違った意味になりますよ。

悪夢を見た時の対処法

夢を見た後は、その内容を誰にも話さない方がいいという説もありますが、正夢になってほしくない夢は人に言った方がいいとされています。

あまりにも現実味を帯びているような悪夢は、予知夢かもしれませんし、悪い夢ほど正夢になりやすいとも言われていますので、もし正夢になってほしくない悪夢を見たのならば、誰かに話してみると良いでしょう。

また、悪夢はストレスの具現化ともされていますし、記憶に残るくらい嫌な夢ならば、自分自身のストレスに目をむけてもいいかもしれません。

気分転換してストレス発散したり、十分な睡眠を取るように意識を向けてみてくださいね。

吉夢にはどんなメッセージがある?

夢占いで吉夢は、縁起が良いとされる夢のことを指します。

吉夢にどんなメッセージが隠されているのか、ご紹介します。

吉夢を見るのはなんの前兆?

吉夢は演技がいいとされる夢のことです。

そのため、吉夢を見ると「これから運気が上昇していく」という前兆になります。

全体的に運が上昇する人もいれば、吉夢しだいで上昇する運勢が変わるという人もいらしゃいます。

また、吉夢をみることで目覚めと共に幸福感を得ることができ、その日の気分も晴れやかな気分で過ごすことができるでしょう。

吉夢は、良いことが訪れたり運気が上昇するサインなのです。

どんな夢が”吉夢”になる?

”吉夢”ときくと、「良い夢」「ハッピーな夢」を想像しがちですが、吉夢だからといって必ずしもすべてそうではありません。

吉夢といえど、自分にとってハラハラする夢だったり、”良い夢”とも言いがたい内容だったりすることもあります。

夢占いで吉夢は登場する人物や動物、ものや出来事がかなり分かりやすく定まっていますので、吉夢だと判別しやすいのではないかと思います。

いくつか吉夢の代表的な例をご紹介します。

  • 虹がでてくる
  • 雨が降ってから止む
  • 一富士ニ鷹三茄子
  • 白蛇が出現する
  • 死ぬ、殺される夢
  • 火事の夢
  • 太る夢
他にもたくさんありますが、これらの夢は吉夢とされています。

「一富士ニ鷹三茄子」「白蛇が出現する」などは、良縁を運ぶと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

一方、「死ぬ、あるいは殺される夢」「火事の夢」は、一見演技が悪いように見えますし、悪夢でもあるのですが、これらも吉夢(逆夢)になるのですよね。

吉夢はどんな時に見れる?

吉夢は、必ずあるタイミングの前に現れることがあります。

そのあるタイミングとは、”大きな幸運や成功の前”になります。

先ほども軽くご紹介しましたが、吉夢の意味自体が縁起が良いことの前兆となりますので、その後に大きな幸運が訪れるのは納得ですよね。

吉夢を継続的にみるということは、それだけ大きな幸運や成功が待っているということ。

ずっと吉夢が起こると、逆に悪いことが起こりそう…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、反対に良い運気を引き寄せられるのです。

吉夢は、寝る前に意識したり長時間の安定した睡眠を確保することで、訪れやすいという説もあるようですので、この先に成功したい何かがあるのなら実践してみてもいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、”夢占いとは何か”について焦点を当ててご説明させていただきました。

ここで紹介した事例もほんの一部分ですし、夢占いそれぞれの内容についてまでは詳しくご紹介することはできませんでしたが、別の記事に詳しくまとまっているため、是非こちらもチェックしてみてください。

夢占いはとても奥深いですし面白いので、気になった方は是非やってみてくださいね。

以上、「夢占いは当たる?信じるべき?夢占いについて徹底解説!」でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です