疲れの原因は近くに”エナジーバンパイア”が潜んでいるから!?もしかして自分も?詳しく紹介!

あの人と会うとなんだかいつも疲れるな…という人、身近にいませんか?

なんだか生気を奪われるような感覚で、会っても「楽しい」とか「またすぐ会いたい」と思うよりも「次に会う予定をどうやって躱そう」「なるべく早く切り上げよう」と感じてしまう相手、身の回りに心当たりがあるのではないでしょうか。

今あなたの頭の中に浮かんだあの人は、実は”エナジーバンパイア”かもしれません。

そしてもしかしたら、あなたもエナジーバンパイアかも…?

今回は、どんな人の身近にも存在し得る”エナジーバンパイア”についてご紹介します。

エナジーバンパイアって何?

エナジーバンパイアを簡単に説明すると、相手が持つエネルギーを奪って自分のエネルギーに変換する人のことです。

大元はスピリチュアル的な考えになります。

本来、人は「エネルギー」という(簡単にまとめると)行動するための気力、見えない力を持っています。

エネルギーは、食事や睡眠、快楽など、自身を癒すことで得ることもできますし、他の人からの愛情などを受け取ることで得ることもできます。

例えば、好きな人のために料理をはじめてみよう!とか、好きな人と会う予定があるから自分磨きをしてみようとか、他の人の存在が活力になることってありますよね。大切な人の存在が、エネルギーになるのです。

エネルギーを使って様々なことにチャレンジしたり、人生を豊かにするための前向きな行動ができるのですが、エナジーバンパイアはそのエネルギーを奪い、自分のエネルギーにしてしまうのです。

奪われた側の人は、やる気の喪失やモチベーションの欠落など、エネルギーがなくなってしまったことによって精神的な疲労感がたまっていくのです。

「この人と会った後って毎回疲れるな…。」

「次はもう会わなくて良いや…。」

と思った相手がエナジーバンパイアだったというのは良くある話。

あなたの頭の中に思い浮かんだあの人は、もしかしたらエナジーバンパイアなのかもしれません。

どうしてエネルギーを奪うの?

エナジーバンパイアがエネルギーを奪う理由は、エナジーバンパイア自身にエネルギーがないからです。

承認欲求が強すぎたり、愛情に飢えていたりなど、エネルギーを多く必要とする状態にある人は、自分の作り出すエネルギーだけで生活できないのです。

そのため、他の人からエネルギーを奪って自分のエネルギーにするのです。

すると次に、エネルギーを奪われた側の人に十分なエネルギーがなくなります。

すると、今度は奪われた人がエナジーバンパイアとなり、他の人のエネルギーを奪いに行きます。そうして今度は、その被害者がエナジーバンパイアとなり…。

こうした負の連鎖がおきてしまった、あるいは現在も起きてしまうために、エナジーバンパイアは多く存在しているわけです。

エナジーバンパイアは魅力的な面も

ここまでご紹介してきた感じだと、エナジーバンパイアはエネルギーに飢えていて負のオーラで溢れているようなイメージかもしれません。

しかし、エナジーバンパイアは、他の人からエネルギーを奪っている分多くのエネルギーを持っているため、魅力的な人物に映ることも多くあります。

エネルギーを奪うためには、エネルギーを奪う対象がいなければなりません。そのため、交友関係も広く、コミュニケーション能力が高いエナジーバンパイアも多く存在します。

コミュニケーション能力が高いというよりも、話術が巧みという方が近いかもしれません。詐欺師をイメージしていただけるとわかりやすいかもしれないです。

人の心に漬け込むことや、人の感情を操ることが上手いので、知らないうちにエナジーバンパイアの餌食になっている可能性もあります。

身の回りに「なんであの人友達いるんだろ」みたいな人っていませんか?

そういう人は、エナジーバンパイアで得たエネルギーを使って”魅力的に見えているだけ”の状態であることを認識しておくといいかもしれません。

エナジーバンパイアの方が得?

交友関係も広くて、コミュニケーション能力も高く、話術も巧みで、魅力的。

このように聞くと、あれ?エナジーバンパイアの方が世渡り上手そう…。と感じませんか?

確かに、エナジーバンパイアは世渡り上手のような特徴が揃っています。が、エナジーバンパイアである限り何にも満たされず、心から幸福であると感じることは滅多にありません。

交友関係が広いといっても、その関係は浅く一時的なものなのです。エネルギーを奪い終わったらまた新しい標的へ、さらに新しい標的へ…とターゲットを変えていきます。

このように人間関係を切り捨てていくため、交友関係は広くとも信頼関係は薄いのです。周囲からは、”都合がいい人”として認識されがちで、結局は誰とも親密な関係を築けずに終わってしまいます。

これが、エナジーバンパイアの大きな弱点でもあるのです。エネルギーは、信頼できる人、自分が大切に想う相手から得られることもできますし、信頼できる人物がいることでエネルギーを補うこともできます。

対して、信頼関係の構築ができないと、承認欲求が満たされなかったり、自分に構ってくれる相手を探し求めて同じ行動を繰り返します。その結果、浅い人間関係の中で他人に感情をぶつけることしかできないのです。

エナジーバンパイアの魅力というのは一時的なもので、初めはとても魅力的に見えても深く関わっていくうちにネガティブさが露呈し、遅かれ早かれ廃れてしまいます。

どうしようもないということを理解する

エナジーバンパイアについてご紹介しましたが、やはりどうしてもネガティブなイメージになりますよね。

エナジーバンパイアに対して加害者的なイメージが強いかもしれませんが、よく考えると本人達がかわいそうであることに気がつきますし、解決策のないどうしようもない問題であることにも気がつきます。

エナジーバンパイアの多くは、自分でエナジーバンパイアだと自覚できず、”なんとなく満たされない”という感覚を無意識に感じながら過ごしているのです。

エナジーバンパイア自身も、自身の承認欲求や孤独感を感覚的にはわかっているのですが、意識的に理解することができないのです。

すると、”なんとなく気持ちが落ち着かない”とか、”やるせない”気分になり、そのようになる原因を他者に向けるのです。

「なんで認めてくれないんだろう」「こんなに苦しいのになんで気にかけてくれないんだろう」「あの人は私のことなんてどうでもいいんだ」など、行き場のない感情が被害妄想となり、その責任を自分ではなく他者に押し付ける方法しか知らないのです。

そうして人間不信に陥ってしまったり、自分を満たしてくれる人を探し求めて転々とするため、浅い人間関係になってしまい、常に浅い人間関係しか築けない状況を周りの人間のせいにして、また新しい出会いを探し求め…と無限ループになります。

そのため、人を欺いたり翻弄することで自分を満たしたり、人の気持ちを考えない行動をとることができてしまうのです。

自分が何故満たされないのか理解できず、その責任を周りのせいにしてループにはまってしまい、不安定なエネルギーを探し求める…結構残酷ではありませんか?

悪気があってエナジーバンパイアになっているわけではないのですが、そんなこと言ってても実際問題エネルギーは奪われてしまいます。

エナジーバンパイアに遭遇したときには、過剰に同情したり感情を露にせず、”あ~かわいそうだな~”くらいの気持ちで接すると上手く躱すことができます。

エナジーバンパイアのパターンとは?

チャネリングは誰でも出来るのかどんな人がエナジーバンパイアなのか、代表的なパターンと一緒にご紹介したいと思います。

エナジーバンパイアかどうか見分けるポイントにもなりますので、状況を連想しながらみてみてくださいね。

パターン1:否定するタイプ

やりたいこと、やっていることなど、何かにつけて仇を探してケチをつけて否定してくる人は、エナジーバンパイアである可能性が高いでしょう。

全体的に批判的な意見を悪気もなく言い、”他人の不幸は蜜の味”タイプの人のことを指します。

「この資格とってみたいんだよね!」「え~?全然使えなさそう。」

「これ行ってみたいんだよね!」「やめときなよ、そんなとこ行って何になるの?」

など、とにかくやること成すこと全てを否定してくるタイプの人です。

事実に基づいたアドバイスや助言ではなく、何を言っても全否定で返してきます。

否定された側は、エナジーバンパイア(否定してきた側)に対して、イライラしますし、イライラすることにエネルギーを費やしてしまうのです。

エナジーバンパイアは、相手がイライラしている余裕のなさを楽しみ、その優越感をエネルギーに変換して自分に取り込んでいます。

パターン2:見下すタイプ

相手を常に見下すような言動をとっていつ人は、エナジーバンパイアかもしれません。

自分の方が優れているということをアピールし、相手に劣等感を抱かせることでエネルギーを補給します。

「まだそんなところやっているの?私はもう終わったけど(笑)」

「え、こんな簡単なこともわからないの?」

など、マウントを取る姿勢を崩さず、とにかく相手より自分が優れているということを、自分のみならず相手にも、あるいは会話を聞いている周りの人にも認識させておきたいのです。

自分自身が他の人よりも優れているということをアピールしたいのももちろんですが、相手が劣等感を抱いている反応を見てエネルギーを取り込んでいるのです。

対して見下された側は、自分の方が劣っているという劣等感を抱くことによって、エネルギーを奪われてしまいます。

パターン3:承認欲求が強いタイプ

とにかく目立ちたい!という気持ちが先走るあまりに、時に奇想天外な行動をして周囲を困らせたり、世話を焼かせることによって、自分の承認欲求を満たすタイプのエナジーバンパイアです。

代表的な例は、SNSの投稿を頻繁にしたり、偽りの情報を書き込んで幸せだとアピールしたりするなど、とにかく周りから愛されたい、注目されたいという欲が非常に強いのです。

周りからの注目を集めたいばかりに、時に逸脱した行動をしたり、わざと周りを困らせるケースもあります。

エナジーバンパイアではない側としては、その人一人のために気を配ったり、目が離せない状況にエネルギーを使ってしますのです。

そしてその注目されているエネルギーを自分の承認欲求を満たす材料として利用することが、このエナジーバンパイアの特徴です。

パターン4:気にかけて欲しいタイプ

先ほどご紹介したパターン3のような積極的に自分からアピールするタイプではなく、気にかけて欲しい、同情して欲しいという願望を消極的ながらも覗かせるタイプです。

「私今こんな感じで…。すごく大変で…」

といった風に、ネガティブかつ気弱な発言をたくさんすることによって、相手からの同情を誘います。そしてその同情こそが、その人のエネルギー源になるのです。

ただ相談にのっているだけだから同情している側はエネルギーを奪われないのでは?と思うかもしれませんが、ネガティブな意見を聞いて同情することって知らず知らずのうちにかなりエネルギーを消耗しているものです。

自分の心境に同情して欲しいという気持ちを前面にださずに相談するため、相談される側も避けにくく、厄介なタイプであるとも言えます。

この手の人は、相手の同情をエネルギーとして自分に蓄えるのです。

パターン5:正論タイプ

何を言っても正論のように自分の意見を主張してくるタイプの人です。

「こう決まっているんだから、こうしなければダメだよ!」

「目上の人に失礼でしょ!」

など、社会的な規範を示している正論のように思えますが、そのように見せかけた自説にすぎません。

”自分の考え”にも関わらず、まるで責任が社会にあるかのような意見を押し付けてきます。

その人の規範はその人の規範、自分の規範は自分の規範、社会の規範は社会の規範、と区別できる冷静さがないと、この手のエナジーバンパイアはぐんぐんとエネルギーを吸い取っていきます。

相手を言いくるめることができた、相手を支配することができたという支配欲の充足、そして何より、相手から反論がかえってこないことで「やっぱり自分は正しいんだ」という満足感を得ているのです。

自分の考えや意見を裏付けるものがなく自信がないために、社会の責任にして言いくるめ、自分より劣っている、あるいは相手の自信をなくさせることをエネルギーに変換できるとんでもないエナジーバンパイアです。

パターン6:誘惑タイプ

相手の気を引く行動をしながら、複数人の気を引くことでエネルギーを得るタイプです。

相手の気を引いておきながら自由に行動する、いわゆる”人たらし”や”小悪魔系”と呼ばれるような人のことです。

とにかく自分の気まぐれで相手を振り回して支配し、好意を感じることで快感に浸り、エネルギーを蓄えるのです。

誘惑タイプの特徴は、”可能な限り多くの人から好意を持たれる”ことに重点があるということです。

思わせぶりをしてくる人や、恋人がいるのにも関わらず異性関係を持とうとしている人は、複数人からの好意を得ることで多くの人からエネルギーを奪っているのです。

多くの人からエネルギーを奪えば、その分多くのエネルギーを保持することになりますよね?エネルギーを多く持つと、より魅力的に見えるといった悪循環に陥るのです。

思わせぶりをされた時、「もしかして自分に好意を寄せている?」と気になり、どんどん夢中になっていくと、その分エネルギーも減ってしまい、相手のエネルギーに変わってしまうのです。

もしやエナジーバンパイア?その特徴とは?

相性の合う占い師 自己分析パターンを見ると、あの人ってもしかしてエナジーバンパイアかも、と思う人や、え、まさか自分もエナジーバンパイア?と考えることもあるかと思います。

今回は、簡易的なチェックリストをつくりましたので、そちらをご紹介します。

エナジーバンパイアかどうかわかるチェックリスト

エナジーバンパイアなのかどうかを知る簡易的なチェックリストです。

心のどこかで感じていたモヤモヤを意識的に理解するきっかけになるかもしれませんので、是非やってみてくださいね。

  • 愚痴をいうことを厭わない
  • 自己肯定感が低い / 自分を卑下する癖がある
  • 周りが自分のことを理解してくれないと思う
  • 人を羨むが、羨んでいる自分を認められない / 人の幸福を認められない
  • 身近な人に対して劣等感がある
  • 色々な意見がある中で、最終的には自分が正しいと思っている
  • 周りの人に対して、人間的な賢さが足りないと思う
  • 自分の非を認めたくないと思っている
  • 自分の発言で他人が傷付いても、多少は許されると思う
  • 目立つためや、自分を満たすためなら、周囲の人を困らせても構わない
  • つい自慢話をしたくなる / 話を盛りたがる
  • 人の仇を探してしまう癖がある
  • プライドが高い
以上13個の項目のうち、7個を超えるとエナジーバンパイアである可能性が高いです。

といっても、このチェックリストはエナジーバンパイアが触れて欲しくない部分に関する項目が多いので、自分を過大評価してエナジーバンパイアではないと安心するのもエナジーバンパイアの特徴です。

あるいは、自分を過小評価しすぎて極端な結果になってしまうこともあります。

エナジーバンパイアというのは、自分を客観視することに抵抗がありますし、YES / NOの基準も周りとずれていることがありますので、チェックリストを見て「うわ、この質問ちょっとやだな」と思うことが多かったら、自分がエナジーバンパイアだと疑うべきかもしれません。

エナジーバンパイアを躱すには?

相性の良い占い師 悩み別エナジーバンパイアにいざ直面した場合、エネルギーを吸い取られないようにするための対処法をご紹介します。

距離を置く

一番わかりやすく、自分が受けるダメージを少なくできる方法です。

距離を置けばエネルギーを奪われる心配もありませんし、そもそも接触することもなくなりますよね。

距離を置く時に重要なのは、嫌悪感をしめさずにフェードアウトすることです。そっと彼らの視界から姿を消しましょう。

仕事関係となると少し難しいかもしれませんが、プライベートな関係ならば連絡を取らない、あるいは頻度を減らせばいいので、リスクを背負うことも無いと思います。

相手に対して嫌悪感を示さないことを意識しつつ、距離を置く方法がエナジーバンパイアへの有効な手段になります。

話をまともに受けない

悩み事を相談されても、まともに受けて「私がなんとかしなければ」と思うと相手の思うツボです。

もちろん本当に相談したいというケースもありますが、同情して欲しいだけ、気にかけて欲しいだけという内容ならば、なるべく聞き流しましょう。

例えば、一回相談を聞いた後に「こうすればいいんじゃない?」といってみたけれど、「でも…」と切り替えされ、また同じ話が続くなどといったことがあるのならば、その後は特に何も言わず「ふーん」と聞き流しましょう。

もちろん相談内容や状況に応じて適切な応答をしなければいけないときもあるかもしれませんが、話に結末が見えなかったり、こちらの意見を聞く素振りがないのなら、同情したり話しにのめりこんだりせずに適当な振る舞いをしましょう。

”相手が欲しい言葉を与えない”ことが大事で、そうすると相手もあなたに依存しなくなります。

といっても、素直に感じたことは口にだしても全然良いのです。ただ、相手の話を聞いて、「あ~こういって欲しいんだろうな」と思って不本意な言葉を意識して発する気遣いが、エナジーバンパイアに火をつける始末となるのです。

共感性が高い人は、提示された問題を自分のことのように重く受け止める優しい心を持っていますが、所詮その人の人生ですし、その悩み事も結局はその人が決めることです。

自分が重く受け止めたところでその人に影響することなんて極僅かなんですから、あんまり相談事を気にしすぎるのも良くないですね。

相手のことを気にしすぎると、却って自分がエネルギーを消費することになり、エナジーバンパイアになるかもしれません。相談事をされるときは、自分の精神状態にも気を配るべきでしょう。

心を開きすぎない

距離をおきたくても置けない、話をスルーしたくても仕事上や関係上難しいという場合もありますよね。

どうしてもコミュニケーションをとる必要がある人と接するときは、心を開きすぎないようにしましょう。

心を開くことで、相手はあなたの弱みを握ることができます。

例えば、他の人の不満を少し言っただけでも、過剰に反応してくるのです。

「あの時はああいってたのにね~」と嫌味を言って来たり、他の人に告げ口をしたりなど、あなたの弱みを握ると同時に、不幸に陥れようとしてくるのです。

また、不満などを言わずとも、ちょっとした秘密やばらされたくないことを言うと、あなたを支配するためのツールとして利用されてしまいます。

ポジティブな言葉を投げかける / 嫌な事ははっきり言う

エナジーバンパイアは、”自分がコントロールできる人”を求めているのです。

相談事を言ったら必ず共感してくれる人、自分の正論を必ず肯定してくれる人、自分の言いなりになってくれる人など、とにかく自分が相手を服従させて思い通りにしたい、という気持ちが強いのです。

その根本的な原因には、”こんな負の感情で苦しんでいるのは自分だけでいいはずがない””あの人は幸せそうなのにどうして私は満たされない?”といったような被害者意識が潜んでいます。だから、共感を求めてコントロール出来る人を探しているのです。

そのため、本人達の思うツボにならなければいい話なのです。

エナジーバンパイアというのは基本的にネガティブなので、そのネガティブさに共感してもらえる人をターゲットにします。

なので、ネガティブな言葉をポジティブに変換したり、嫌な事ははっきり伝えることで「あ、この人はコントロールできない」となり、エナジーバンパイアのほうから離れていくでしょう。

さいごに

エナジーバンパイアについてご紹介させていただきました。

エナジーバンパイアと聞くと特殊なイメージをお持ちになる方も多いのですが、身近な人間関係の中に潜んでいるものです。

エナジーバンパイアという概念を知っておくだけでも、人とあった時の疲労感の原因や、自分のエネルギーが奪われたときにどうすればいいか、対処ができるのです。

自分のエネルギーを大事に守って下さいね。

以上、「疲れの原因は近くに”エナジーバンパイア”が潜んでいるから!?もしかして自分も?詳しく紹介!」でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です