売れる占い師が使っている鑑定結果の伝え方!悪い結果が出た時の伝え方も紹介!

占い結果 伝え方 占い師 悪い結果 おすすめ 口コミ 評判 当たる

ふぅ・・・売れてる占い師も大変ね・・・

売れてない占い師の前で絶対言わない方が良いよそれ・・・。ちなみに、売れる占い師になるコツとかってあるの?

そうねぇ・・・色々あるけど、悪い結果が占いで出たときにどういう伝え方をするかどうかは大事かしら

悪い結果?え、的中率とかじゃないんだ?

そうよ!じゃあ、今日は悪い結果が出たときにどうやって伝えるのがベストかお伝えするわね

おねがいしま~す!

占い師として売れるには鑑定結果の伝え方が何より大事

相談者さんはデリケートな悩みを数多く抱えています。

  • 彼との復縁
  • 不倫の恋
  • 遠距離恋愛
  • 複雑愛
  • 可能性のない恋愛

など、本当に様々な悩みを一人で抱え、占い師さんに助けを求めやってくるのです。

鑑定して良い鑑定結果が出た時は、鑑定結果をそのまま、相談者を励ますために鑑定結果を伝えましょう。特に何も考えることなく、要点だけ外さないようにしましょう。

ですが、大抵の場合占いをしに来る人たちの鑑定結果は、良い結果が出ない事がほとんど。

だからこそ悪い結果が出てしまったときに、中々伝え方に悩む人も多いのではないでしょうか。

悪い鑑定結果を伝える時は、

  • 問題点
  • 問題点の改善策
  • 改善することによる結果
を明確にしながら伝えると、相談者も説得力のある分かり易い鑑定だと実感できます。

単にダメという結果だけ伝えるのではなく、未来を踏まえた答えを話すようにしましょう。

稼げない占い師の伝え方

稼げない占い師さんは、悪い結果が出てしまったときに同じような行動をとります。

という事は、相談者にとってどれほど的中率が高くても以下の行動をする人は=当たらない占い師、もしくは相性の悪い占い師さんなのです。

ですので、以下の稼げない占い師さんの特徴に当てはまらないように。当てはまった場合は改善していくようにしましょう。

  • 悪い鑑定結果の伝え方が分からない
  • 顔や表情に出てしまう
  • 言い淀んで相談者を不安にさせる
  • 結果だけで改善策や解決策を伝えない

悪い結果が出た時の伝え方で売れる占い師かどうかが分かる

占い師 当たる おすすめ 口コミ 評判

悪い結果が出たときの、占い師さんの相談者さんへの態度が、売れる占い師さんかどうかの分かれ道です。

占い師さんは的中率が大事だという人もいますが、的中率だけ高くても悩みを解決してくれない占い師さんは、どうしても売れることは難しいです。

何故なら、相談者が占い師さんに求めているのは、「今後どうしていけば一番良い結果になるのか」であって、現状が当たっているのかどうかはあまり気にしていないからです。

悪い鑑定結果も伝え方ひとつで、ただの悪い結果ではなく気付きを与えられるようになったり、問題解決のヒントになるような親身なアドバイスに繋がる場合が多くあります。

また、どのタイミングでこの悪い結果を伝えるのか。その問題はどのようにすれば解決できるかのアドバイスの仕方。この二つに気を遣っている占い師さんはやはり人気の方が多いです。

悪い結果が出た時の伝え方

男性占い師 メリット デメリット

事前に心の準備をしてもらう

まず、悪い鑑定結果を伝える前に、相談者さんに心の準備をしてもらう事も大事です。

いきなり真っ向から「無理」「ダメ」と伝えられてしまっては、相談者の心はその後の話を聞こうとも思わないかもしれませんし、その時点で心を閉ざしてしまうかもしれません。

ある程度信頼関係を築くことが出来ている相談者さんであれば、既に信頼感を寄せられているので鑑定内容によっては、いきなりストレートに悪い結果を伝えても良いと思います。

ですが、ほとんどの悪い結果を伝える場合は事前に「ごめんね、はっきり言ってしまうんだけど・・・」「正直に言っても大丈夫?」と前振りをして相談者にある程度の心の準備をしてもらう事も大切でしょう。

リフレーミング効果

リフレーミングとは、ネガティブな事をポジティブな事に言い換えること。

どんなものにも良い面と悪い面があります。ですので、悪い結果を悪い側面から話すのではなく、良い面から捉える事で、印象もがらりと変わるでしょう。

例えば、優柔不断のことを優しい・慎重等と表現したり、頑固のことを意思が強い・軸があると表現したりすることが出来ます。

長所と短所は同じことであったりするので、普段から調べておくとマイルドな表現を上手くしやすくなります。

嘘はつかない

相談者さんを鑑定して、悪い結果が出て欲しくないな・・・と思っていても、悪い結果が出てしまう事もあります。

その悪い結果を伝えて、ガッカリさせたくない、怒られたくない、嫌われたくないという思いから、出た結果を捻じ曲げて伝えてしまったり、出た悪い鑑定結果を無視して良い結果のように伝える事は、占い師として絶対にやってはいけません。

悪い結果を伝える時の言葉を選ぶ必要はありますが、捻じ曲げることなくそのまま伝えるしかありません。

表現方法は色々変えても問題はありませんが、結果は占い通りに伝えましょう。

解決策やフォローはきっちり伝える

悪い結果を伝えた後は、必ず解決策を教えたりフォローしたりするのを忘れないようにしましょう。

当たる占いを心掛ける事は良い事ですが、むしろ悪い結果が出た場合の解決方法やアドバイスの豊富さや的確さ、実践のしやすさの方が相談者は求めていたりもします。

ですので、様々な角度からリーディングし細かくアドバイスをしていくことで、親身な占い師さんであると思ってもらえます。

また、悪い結果を伝えるのが苦手だな・・・と感じる人は、むしろアドバイスを中心に伝えるようにしてみると、鑑定しやすいでしょう。

まとめ

これを意識して鑑定して、数をこなしていくと徐々に鑑定のクオリティが上がっていくわよ

なるほど!的中率以外にも、伝え方とか表現の仕方って大事だよね

そうね、結局のところ接客業でもあるから、占い結果のままストレートに伝えすぎるのもいけないのよ

逆を言うと、普段マイルドな伝え方の占い師さんはマイナス目にとらえた方が・・・

・・・

あれ!?図星!?

以上、売れる占い師が使っている鑑定結果の伝え方!悪い結果が出た時の伝え方も紹介!でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です