独立開業する方法は?占い師の開業届の出し方を紹介!

開業届 必要な物 占い師 デメリット メリット 出さない やり方

ねぇねぇうさぎ先生?

なにかしら

開業届って占い師さんも出してるの?

なんか急に難しい事言うじゃない。もちろん私は出してるわよ。でも出してない占い師さんもいるわね。

えっ何で出してないの?

そうね・・・じゃあそういう事も含めて、今日はちょっと占いと関係ない所を話していきましょうか?

おねがいしま~~~す!

開業届とは

開業届とは、個人事業主を開業したことを税務署に申告するための書類です。

個人事業主は、1年間の所得を計算し、所得税を納税しなければなりません。事業規模は大きい場合は個人事業税や消費税の納税も必要となります。

所得税と消費税は国税として税務署に、個人事業税は地方税として各都道府県税事務所に納めます。開業届を提出することで、各税務当局に開業と税の開始を報告することになるのです。

本業・副業に関係なく、占い師や電話占いを個人で開業した場合は、個人事業扱いとなりますので開業届けを提出することになります。

開業届を出すメリット・デメリット

開業届けを出すメリットとしては

  • 節税できる
  • 赤字を3年繰り越せる
  • ビジネス用の口座を持つことができる

などが挙げられます。(青色申告の場合)

 

一方、デメリットとしては

  • 所得が20万円以下だとしても確定申告が必要
  • 失業保険の給付ができない

などが挙げられます。

 

20万円以下の場合でも確定申告が必要なので、開業届けを出すのはデメリットが大きいのでは?と思うかもしれませんが、しっかりと副業・本業として占い師を目指しているのならば、何にせよ確定申告は必要になります。

そもそも、開業したら開業届けを提出することが原則ですので、占い師として継続的な収入を見越しているのならば開業届けを提出しましょう。

開業届を出すタイミング

開業届けを提出するタイミングとしては、開業して一ヶ月以内が原則です。

原則であり、万が一その期間内に開業届を出すのが遅れたり、出し忘れても今のところ何も罰則はありません。

基本的には開業して一ヶ月が目安とされていますが、事業が軌道に乗ってから開業届けを提出する人も多いようです。

一定の収入を得られるようになったタイミングでの提出が多く、大体月に5万~10万ほど稼げるようになった時が目安と言われています。

これは、副業であれば20万円以上の所得がある人は確定申告をする必要があるため、経費を差し引いて20万円以上の所得のある人の収入の目安です。つまり所得20万円を目安に考えると良いという事です。

開業届に書くこと

開業届 必要な物 占い師 デメリット メリット 出さない やり方

  • 管轄の税務署名
  • 提出日
  • 納税地(サロンがあるならサロン、自宅で鑑定を行うなら自宅住所)
  • 名前とふりがな
  • シャチハタ以外の印鑑
  • 生年月日
  • マイナンバー
  • 業種
  • 屋号
  • 届出区分は開業を選択
  • 所得の種類は「事業所得」を選択
  • 開業、廃業日は開業した日を記入
  • 事務所を新増設、移転、廃止した日。該当しなければ未記入
  • 廃業の事由が法人設立に伴うものである場合も該当しなければ未記入
  • 開業、廃業に伴う届出書の有無は、青色申告書を同時提出する場合は「有」
  • 「課税事業者選択届書」や「事業廃止届出書」を提出する場合は「有」に、しない場合「無」
  • 事業の概要は占い
  • 給与等の支払い状況は、従業員を雇う場合は記入、雇わなければ「無」
  • 源泉所得税の納期の特例承認に関する申請書提出の有無も雇わなければ「無」

開業届と一緒に出したい書類

開業届を出すタイミングで一緒に「青色申告承認申請書」も出しましょう。

この申請書は開業から2か月以内と決まっています。

この期限を逃した時は、次の確定申告の時に申請します。

青色申告書と白色申告書の違い

個人事業主である占い師が確定申告をする時、「青色申告」か「白色申告」かのどちらかを選びます。

今後の節税などに関わってきますので、よく考えてくださいね。

白色申告書のメリット・デメリット

白色申告書のメリット
  • 記帳方法が簡単なので手間が省かれる
  • 事前に税務署の承認を得る必要が無い
白色申告書のデメリット
  • 所得税の特別控除が無い

青色申告書のメリット・デメリット

青色申告書のメリット
  • 10万円・65万円の特別控除がある
  • 30万円まではその年の必要経費となる(白色は10万円まで)
  • 前年の赤字を3年繰り越しできる
  • 給付金・補助金が受けられる
  • 屋号で金融機関の口座を開設できる
青色申告書のデメリット
  • 記帳方法が複式簿記なので手間がかかる
  • 事前に税務署に申請しなければならない(開業日から2か月以内)

確定申告やその他占い師の税金に関しての情報はコチラ★

占い師 確定申告 税金 占い師になる!確定申告は必要?税金に関して紹介!

まとめ

なるほどね、所得が20万円以下の人は申請してない事が多いんだね

占いの事業が軌道に乗るまではっていうのはセオリーよね。やっぱり。

なるほどね・・・節税とかを考えてタイミングとかも考えないとね

そうなのよ。独立開業するのであれば、占い以外の事も色々気にしないとね

以上、独立開業する方法は?占い師の開業届の出し方を紹介!でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です